喧嘩の理由のほとんどは?

【○○喧嘩のほとんどの理由は・・・】




あなたは最近ケンカをしましたか?


・親子喧嘩

・兄弟喧嘩

・友人と喧嘩

・彼氏と喧嘩

・彼女と喧嘩

・夫婦喧嘩


と書き切れないほど

まだまだあります。


では喧嘩の理由は何なのか?



それは「ちゃんと話をしていない」です。



相手が誰であっても

大体の喧嘩の理由は

相手と話をしていないところから来る

「理解不足」が原因ですね。



全部が全部ではありませんが

小さい喧嘩から大きな喧嘩まで

いろいろとありますが

喧嘩は先ほど言ったように

「理解不足」から始まります。




経験があると思いますが

喧嘩の火種となるイライラの原因は

「何で言ってくれなかったの?」

「なぜ言わないとわからないの?」

「私が色々やっているのにあなたはやっていない」

「お礼を言ってくれない」

「話を聞いてくれない」

「その程度も知らないの?」

など言ったことや言われた事はないですか?



特に「言わないとわからないの?」ですが

これは

あなたの人生の価値観の中で

作られた常識であって

相手の人生の価値観とは違います。


なので「言わないとわかりません」



他の原因もそうですが

ちゃんと相手に伝えてください。


この部分が足りないので

誤解が出てきてしまいます。



私もそうですが

表現方法がわからないまま

変な言葉を使ってしまったり

言葉が足りなかったり

言い方を間違ってしまったり


思ってもいない事が

相手にとって誤解を招いてしまい

友達関係や恋人関係や夫婦関係を

こじらせてしまいます。



人間関係で言えば

人の噂も1つの理由になりますね。



学生時代に経験がありましたが

「○○さんはこんな人なんだよね」

「あの人が○○をしたらしいよ」

「○○君はあんな事ばかりしているみたいだから」

「あんな事を言っていたよ」

など人伝えで聞いた事を鵜呑みにしたりして

勝手にイメージを作り上げてしまう。


でも直接話をしてみたら

とても感じの良い人だったり

趣味が合ったりして気があうかもしれません。




夫婦関係でもそうです。


旦那さんが

掃除や洗濯をしてくれない

家でゴロゴロばかりしている

勝手に1人で外に行ってしまう

子どもの面倒を見てくれない

ご飯の手伝いをしてくれない


これも話をしていないのに

やってくれる事が当たり前だと

考えていませんか?


そして話をしていないのに

旦那さんをダメな人として

外で話をしていませんか?



逆に旦那さんは奥さんの悪口を

同じように外で話していませんか?



その会話を外の人に言うのではなく

直接本人に言えばいいのでは。



このように話をしないで

勝手にイメージをして相手を悪者にして

勝手に気分を悪くしている人が

とにかく多いんです。




だからこそ

話をしてください。


ちゃんと相手と話をしてください。


何気ないことでも話をしてください。


ちゃんと相手に伝えてください。


伝えなければ伝わりません。


親子・兄弟・友人・彼氏・彼女

夫婦・上司・部下・同僚など


言っても無駄なんて事はありません。




そして相手の話を聞いてください。


何気ない事でも聞いてください。


相手が伝えたい事を聞いてください。


伝えていないから誤解されたり

聴こうとしないから誤解したりして

本当の事が見えなかったらもったいない。




相手の気持ちや考えを決めつけないで

お互いにコミュニケーションを取ろう。


そうする事で円満な関係を

気づく事ができます。


29EE3CC9-BDF2-4A60-B124-152C183EBA55.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク