蕎麦のすする音が不快 フランスと食文化が違うからといって・・・

先日、ネットを見ていたら
こんな記事がありました。

349BC70B-29E2-45E8-983D-E7C15E5FBDA6.jpeg

これが結構話題に上がっていたので
ついついコメント欄まで読んでしまった(^_^;)

批判コメントが多くて
驚きでしたね。

ちなみにフランス人観光客は男性です。


年中とは言えないけど
私自身も海外旅行へ行ったことがあるので
その地域の文化で不快に感じることは
たまにはあります。

特に日本の場合は、どこへ行っても
「おもてなし」のサービスが
徹底していますよね。


飲食店に関しては
高級なお店は当然として
ファストフード店でも
「おもてなし文化」が当たり前。

とにかく接客業が凄いですよね。


その日本の文化の中で
私は育ってきたので
初めて海外旅行へ行ったときには
とにかく驚きましたよ。


でも

『郷に入っては郷に従え』

海外旅行は海外の文化を含めて
楽しむもの。

その驚きを含めて
初めて海外へ来た!
って実感できますよ。


だって日本から出たのに
日本と同じ文化だったとしたら
国内旅行と全く一緒ですよね。


もちろんお金をかければかけるほど
サービスが変わるので
安心して海外旅行へ行きたい方は
良いツアーに参加すれば大丈夫だと
思います。

旅行は添乗員さんが付きますし
移動は観光バス。

食事も安心して食べられる場所ですし
ホテルでもゆっくりすることができます。


それでも私の場合は
全ての時間を好きなように過ごしたいので
個人旅行にしています。

なので日本人が居ないところを
歩き回ったり食事をしたりしています。

食べる場所によっては
テーブルや器の汚れがひどかったり
匂いが強烈だったりして
抵抗感がハンパないところもあります。


料理も見た目以上に
インパクトがあるものも
ありました。

接客だって自然な笑顔で
やってくれる人もいれば
無愛想な人もいます。

それが当たり前なんですよね。

なので家族や友人と話をするときは
あれは最悪だったと言ったり
あれは強烈で面白かったりと
感想を言っています。


今回、話題に上がっている
フランス人が蕎麦屋で
「蕎麦のすする音が不快」
と言っていますが
これはあくまで
フランス人の「この人」が
不快に感じただけですよね。

フランス人の男性全員ではないですよね。
フランス人全員ではないですよね。


日本人の「◯◯さん」だって
食事中に自分の感覚と合わない方が
隣の席にいれば不快に感じますよね。

正直な気持ちを言える文化は
すごいじゃないですか。


ちゃんと嫌なら嫌と言えることが
あなたはできますか?


日本人の場合は
嫌なことでも周りに合わせることが
当たり前になっています。

だから精神的にも
疲れてしまうんですよね(ー ー;)


言った人を批判することは簡単ですが
それだけ日本の食文化に誇りを持って
日常の生活を送っている人が多いことも
わかったので素晴らしい投稿を
読むことができて良かったです♪




スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク