陰陽五行説は占いだけでなく東洋医学の理論でも活用されています

【あなたの身体にいいことだらけの東洋医学】



東洋医学は西洋医学と違うアプローチの仕方で

身体におこる不快な症状や

ストレスによっておこる身体の変調を

改善したり正常へと整えていきます。


そのベースになるのが

『陰陽五行』という考え方です。


五行で有名なものは

「木・火・土・金・水」

ですね。


ファンタジー系や忍者系の

ゲームやアニメや漫画などに

よく使われているので

「あれか〜!」と

思ってもらえるかもしれません。



自然界全体のバランスを

大切にしているということですね。



当たり前のことですが

人間も地球上の大自然の一部です。


身体の仕組みも自然界の動きに照らし合わせて

あなたの症状や変調の原因を探します。




そこから大きく取り出したものが

精神と身体のバランスの大切さです。



身体の中のすべての循環が良い状態で

機能しているのが基本です。


血液循環

筋肉の柔軟性

骨格の可動域

内臓の働き

神経の伝達などですね。



これらの機能が滞っていたり不足したり

過剰になりすぎていた場合

基礎代謝のバランスが崩れるので


肩こり

腰痛

冷え性

便秘

しびれ

肌荒れ

偏頭痛

膝の痛み

腹痛

眼精疲労

などの症状がでてきます。


あなたの生活の中で、

負担がかかっている部位に

不調や変調といった形で

悩まされています。



なので日常生活の中での負担を減らしていけば

自然と精神と身体のバランスが整って

身体は改善していきます。




では生活の中での負担をどのようにして

減らしていくのか?


あなたの身体は日々変化をしています。


見た目はいつもと変わらない体調の悪さでも

前回見えた時とは身体の中は違うかもしれない

というように診ていきます。


自然界は日々変化しています。

それこそ数時間で変わっていくことも

あります。


人の身体も大自然の一部です。




そして人によって身体は違います。


同じ家に住んでいる家族でさえ

全く違います。


食べる物が同じであったとしても

食べる量や食べる速さが違います。


入浴時間も違うでしょうし

睡眠時間も違います。


部屋にいるときの姿勢も違います。



外に出てしまえば

もう違って当たり前。


保育園

幼稚園

学校

仕事

家事

子育てなど

全てが違います。



だからこそ治療をするときには

「今のあなた」をちゃんと診る必要があり

毎回体調はどうだったのか?

といった確認をしていきます。


治療をしながら

筋肉の柔軟性や関節の可動域

どの辺りに硬さがあるか?


その中で身体が

改善しているところ

疲れが出てきたところ

歩き方や立っている姿勢など

その変化を探しながら

その人にあった治療をしていきます。



ちゃんと身体を診ることで

あなたの持っている自然治癒力を

最大限に引き出すことができるので

あなた自身の力で体質改善することが

できます。



不快な症状や変調を

身体の内側から整えて

上辺だけでなく身体の芯から

改善することができます。



あなたも東洋医学を知ることで

精神と身体のバランスを整えて

自然治癒力を高めてみませんか(^^)


FE8E654D-37FE-421C-B726-796D95DC0806.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク