酸素カプセルは蓄積した疲労やダメージを回復させるのに1番いい

あなたの身体は酸欠になっていませんか?



頭の中でイメージしてみてください。


1本のロウソクが燃えています。

燃えているものはなんでしょうか?





燃えているのはロウソクの芯ではありません。


ロウに含まれている炭素と酸素が結合して

二酸化炭素に変化しながら燃えています。



今度は燃えているロウソクに

コップをかぶせるとどうなるでしょうか?



これはコップの中の酸素がなくなってしまうので

炭素と結合することができないので

火は消えてしまいます。



当たり前すぎる!

そんなことは知っている!


そう。

当たり前なんです。



その当たり前のことが

人間の身体にも同じように

起こっています。


酸素は身体を動かすための

エネルギー生産や新陳代謝や消化吸収などに

使われています。



なので極端に言ってしまえば

あなたの周りに酸素が無ければ

生きてはいかれません。


普段意識していないけど身近にある酸素は

生命維持に欠かせないものです。




骨盤調整法の創始者

故五味雅吉先生がよく言っていた言葉。


『万病一元論、血液循環不全』


血液の中には必須栄養素のほか

赤血球、白血球、血小板などが流れています。


この血液循環が正常に機能していれば

新陳代謝は向上します。




酸素は身体の各機能を

正常に働かせる大切なエネルギーです。



身体の約37兆2000億個の細胞すべてが

酸素を必要としています。


その必要な酸素のほとんどを

私たちは『呼吸』することで取り込んでいます。


肺に新鮮な空気を送り込み

酸素を赤血球に乗せて

全身のあらゆる細胞へ運びます。




しかし普段の暮らしで酸素不足を

感じることはほとんどありませんが

中には呼吸器疾患などにかかっていて

酸素のありがたみを感じている人は

います。


私もその中の1人で

中学生~20歳過ぎまで喘息持ちだったので

酸素不足を感じていた人間です。


とにかく息を吸うのも吐くのも困難でした。



この症状は教科書に載っている

一般的な喘息よりも重症でした。


吸えない=肺がすでに広がっている状態。

吐けない=肺が縮まらない。


ホント死ぬかと思うくらいの毎日でした。


毎日夜中に発作があったので

深夜2時頃に救急外来へ行き

吸入をしてもらっていました。


今思えば親に感謝しかないですね。



諏訪に来て呼吸器疾患専門の医師と

知り合う機会があり

その当時の話をしたところ

「生きてて良かったね♫」

と言われました(笑)


今では身体を整える方法を知っているので

全く問題ありません。


自分で言うのもなんですが

健康優良児にしか見えないです。




しかし私たちの身体の中は

色々な要因で『酸素不足』

になっています。



酸素が不足してしまうと

普段疲れがたまっている場所の

負担が大きくなってしまいます。


そして抵抗力が落ちてしまい

老化が始まってしまいます。


抵抗力が落ち始めると

病気にもかかりやすくなったり

老化もはやくなったりするので

回復力も遅くなります。






そうならないためには

人間の土台である骨盤から整えて

血流を良くし酸素供給をスムーズにします。


骨盤《仙腸関節》を整えることで筋肉は緩み

骨格が正常に落ち着きます。


なので理想的で健康な血液循環が

行われます。



血液循環が良くなれば

身体の隅々まで血液が巡ります。


必須栄養素、赤血球、白血球などを

全身に送り届けることができるので

老廃物を速やかに回収することができます。


そして酸素が全身に行き渡るので

脳の活性化、肉体的な疲労回復

心身のリフレッシュなどに繋がります。



ということで家で簡単にできる

全身への酸素供給のやり方は

『深呼吸』


ゆっくり口から息をはいて

深〜〜く鼻から息を吸いましょう。



深呼吸をすることで

普段無意識にしている呼吸の

約8倍の酸素が身体の中に

入ってきます。


それだけでなく

呼吸をするために働いている筋肉が

普段よりも大きく動くので

ストレッチ効果もあります。





なので、この投稿を読み終わったら

ゆっくり深呼吸をしてみてください(^^)


そして身体に酸素を送ってください♫


あなたの身体の免疫力が高まるように。

E0C47436-A3FE-4420-ABCD-EA97F32EC75D.jpeg3CF16763-96ED-46C9-A1DA-21E91507936C.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク