体調が崩れているときは身体の中が頑張っているとき

あなたの細胞は日々頑張っています!




簡単に言ってしまえば

『人には治る力がある』

自然治癒力を持っているということです。


「そんなの当たり前だよね」

とおっしゃる方もいると思いますが

その通りです。



当たり前なんです。



例えばですが

お子さんが元気よく走っていたら

石につまずいてしまい転んでしまい

泣きじゃくっています。


その声を聞いて

急いでお子さんに駆け寄ってみると

膝がすりむいていました。


このすり傷は数日たてば

自分の力で治っていきます。



ちなみにこのときの怪我は

傷の隙間に細かいゴミやばい菌が

入っています。


回復を早めるために数分間傷口を

流水で洗ってください。


そうすることで傷口が綺麗に回復します。


家庭の消毒薬は

ちゃんとした方法で

保管されていないので

余計に化膿してしまうそうです。


この方法はベテラン外科医の先生から

教わりました。




話がそれてしまいましたが

綺麗になった傷口に血液中の成分の1つ

「血小板」がその部位に集まり

傷口をふさいでくれます。


今度は、その部位の掃除が始まります。


好中球やマクロファージと呼ばれる

白血球の一種がいらないものを

取り除いてくれます。


そして新しい組織を作る細胞を

分泌します。



次に線維芽細胞や肉芽細胞といった細胞が

傷ついた血管や組織を再生します。


この時に細胞を繋ぐために

線維芽細胞からコラーゲンが分泌されます。


そして修復されていきます。


これを無意識のうちに

あなたの身体がやっているんです。




最近のバンドエイドには

傷口を密閉して体内から出てくる

「傷を治す成分」を集めて

皮膚の自然治癒力を高めるものもあります。



以前私が料理をしているとき

包丁で指を深く切ったことがあります。


そのときにバンドエイドを

使ってみました。


確かに回復力が早く

傷口もキレイになりました。


どこを切ったのか分からないくらいです。


かなりビックリしたので

傷の治りを家族に見せたくらいです。



もちろんこの治癒力は

怪我のことだけではありません。


発熱も身体が身を守るための

生体防御機能のひとつです。


普段から全身を周って

パトロールしている白血球。


体温が上がると戦闘モードに入り

現場に向かいます。

そして敵を見つけるや否や

鬼神の如く戦ってくれます。


「はたらく細胞」というマンガかアニメを

見られた方ならイメージが湧くと思います。



このように身体には自然治癒力があります。


咳や鼻水だってそうです。



自分自身の身体の治癒力を信じましょう。


そこが強ければ強いほど

免疫力や回復力も高まりますし

健康増進にも繋がってきます。



私たちのしている骨盤調整法は


人間が本来持っている自然良能力を

最大限に引き出すための

お手伝いをしています。



骨盤調整で身体を整える

血液循環の改善

自然治癒力を高める


あなたの治る力『自然治癒力』を高めて

毎日の生活を楽しく送る

『健康な身体‼︎』を手に入れましょう。

5944D55A-D3FD-4191-97E3-14BDDBE45A69.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク