「冷え性」のあなたへ内臓を温めることで・・・

「冷え性」のあなたへ内臓を温めることで・・・



女性は冷え性の人が多いと

言われていますが

最近は男性も冷え性を

感じている人が増えてきました。


実際に手や足が冷たいと

とても辛いですよね。


実はこの「冷え」

手足だけに起こるものでは

ありません。


冬の寒い時期だけでなく

あまり寒さを感じていないのに

おなかを触ると冷たく感じることが

ありませんか?


「体質だからしょうがない」

と言ってしまう方。


その体質を改善することが

健康増進法です。






あなたもぜひ体質改善をして

身体の中から温めてみませんか?



内臓が冷え性の人の場合

普段から顔色が悪かったり

胃腸が弱かったり

疲れやすかったり

首肩がこりやすかったり

このような症状が

多いと言われています。


もちろん他にもあります。



体温を測ってみれば平熱が低い。


一般的に平熱とされている体温は

36.5度です。


この36.5度に満たない場合も

特徴のひとつですね。



例えば平熱が36.3度以下の場合

内臓型冷え性の可能性があるので

風邪をひきやすい

便秘や下痢をしやすい

お腹が張りやすいなどという人も

もしかすると内臓が冷えている

可能性があります。


どうして内臓が冷えてしまうの?



どうして内臓が冷えて

しまうのでしょう?



原因の1つとして

ストレスがあります。


忙しい日常生活を送る中で

知らず知らずのうちに無理をして

ストレスを溜めこんでしまっている。


ストレスが蓄積していくと

自律神経が不安定になってしまい

血液循環が悪くなってしまいます。


実際にストレスを感じると

血管を収縮させるホルモンが

大量に分泌されることも

分かっています。

なので必要量の血液が

内臓に流れにくくなってしまい

お腹の冷え性に繋がります。


もちろん運動不足でも

内臓型の冷え性はおこります。


筋肉は身体の中で熱を作る場所なので

運動不足が続いて筋肉量が落ちてしまうと

熱を作りだすことができなくなります。


言ってしまえば身体の火力発電所ですね。


なので筋肉量が少ないということは

火力発電所が少ないということなので

身体の熱を作り出すことができず

冷えに繋がってしまいます。



内臓を温めるにはどうしたらいいの?



冷え性対策をするときに

だいたい思いつくことは

保温効果のある下着を着たり

靴下を履いたり腹巻をしたりして

外側から温めようとしますよね。


この時期なら〇〇カイロのように

暖かくなるものを使っている人も

多くいるかと思います。


これらは確かに温かくなりますが

あくまで身体の外側から温めているだけで

自分の身体が温めているわけでは

ありません。



どうすれば身体の内側から

熱を作り出すことができるのか?



これは基礎代謝を上げることが

大切になってきます。


患者さんにはよく話をしていますが

やはり血液循環を良くするために

「常温の水」を飲みましょう。


気をつけたいのは身体を温めたいから

お茶やコーヒー類などの

「水分」をたくさん飲む人がいますが

これは利尿作用が働いてしまいます。


寒い季節は乾燥しています。


肌荒れや指が割れてしまい

悩んでいる人もいますよね。


それだけ身体の水分が

足りていないということです。


更に利尿作用まで働いてしまえば

身体が脱水を起こしてしまいます。


そうならないように水を飲んで

血液循環を良くしてから

お茶やコーヒー類を飲めば

いい成分が身体を巡ります。



食べるものは生姜やネギやニラなどが

オスススです。


根菜を使った料理などもいいですね。


私は苦手ですがシナモンも

身体を温めるのに効果があります。


料理をするときに気をつけたいのは

トウガラシなどの香辛料や化学調味料や

砂糖類や精製塩などを使いすぎないこと。


これらは身体を冷やすものです。


ダイエットといって生野菜ばかり食べるのも

身体を冷やす原因になるので

気をつけたいですね。



他にもたくさんありますが

基本的には基礎代謝を高めることが

大切です。


骨盤(仙腸関節)が歪んだままだと

筋肉や血管などの働きが落ちるので

より効果が高まるように根本的に

土台から整えていかれればいいですね。

6732D7EA-BE6A-438B-8D58-1DEDED9838FF.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク