2019年12月から「ながら運転」が厳罰強化で一発免停!?ポケGOやDQWは歩いてやりましょう

2019121日から施行される

「ながら運転」の厳罰化を知っていますか?


ながら運転の厳罰化って何?

と思った人は間違いなく

読んでください。


ながら運転とは

運転手が自動車走行中に

スマホや携帯電話を使用したり

カーナビを注視したりなど

運転しながら何かをすること。


最近はポケモンGOや

ドラクエウォーク(DQW)など

移動して遊ぶソーシャルゲームが

流行っていますよね。


歩いて遊んでいるなら

問題ないですが

自転車や車に乗りながら

遊んでいる人も多くいます。


これはかなり危険な行為です。


心当たりのある人は読んでいただき

「ながら運転」の厳罰化を確認してください。




2019121日から

「携帯電話等使用違反」として

現在の3倍〜の罰則が課されるほか

事故などとの結びつきがあれば

「交通の危険」として一発免停の

可能性があります。




ながら運転の罰則は大きく分けて

2つあります。


⒈携帯電話の使用等(保持)

⒉携帯電話使用等により

交通の危険を生じさせた場合



携帯電話の使用等(保持)

〜罰則〜

6月以下の懲役または

10万円以下の罰金/違反点数:3

反則金:大型は2.5万円、普通は1.8万円

二輪は1.5万円他


〜改正前の罰則〜

5万円以下の罰金/違反点数:1

反則金:普通・二輪6千円他



違反行為に当たる例

・携帯電話を保持

・カーナビの注視

停車中やチラ見程度ならOK

2秒だと違反

・膝にペットを乗せながらの運転

・両手を使って食事しながらの運転


携帯電話使用等により

交通の危険を生じさせた場合

〜罰則〜

1年以下の懲役または30万円以下の罰金

違反点数:6(一発免停)

反則金:反則という枠がない。

すべてに罰則を適用。


〜改正前の罰則〜

3月以下の懲役または5万円以下の罰金

違反点数:2

反則金:大型は1.2万円、普通は9千円

二輪は7千円他


違反行為に当たる例

・携帯電話を保持

・カーナビの注視

・膝にペットを乗せながらの運転

・両手を使って食事しながらの運転

これらが交通事故に結びついた場合です。

(自損事故も含む)



もちろん酒気帯びの場合は

一発免許取り消しになります。



2019121日から施行に先立ち

愛知県で「ながら運転」の取り締まりを

おこなったそうです。


その結果1日で103件が摘発されたとのこと。


あくまでも103件が摘発されただけで

もっと多くの人が「ながら運転」を

していたはずです。




では12月から罰金は

どれくらい上がるのか?

そして違反点数はどうなるのか?


 

普通車の場合

携帯電話やスマホを

運転中に使用した違反(保持)

〜改正前〜

5万円以下の罰金

〜改正後〜

6か月以下の懲役または10万円以下の罰金

となり懲役刑を新設されました。

違反点数は1点から3点

・反則金は各車種ごとに約3倍に

引き上げられます。

普通車の場合6000円から18000

大型車の場合7000円から25000

二輪車の場合6000円から15000

小特などの場合5000円から12000



携帯電話やスマホの「ながら運転」が

交通事故などの危険に結びついた場合

〜改正前〜

3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金だった


〜改正後〜

1年以下の懲役、または30万円以下の罰金

・違反点数は、2点から6点「一発免停」



実際「ながら運転」による

重大事故が増えています。


ながら運転が原因でおこった人身事故は

警視庁調べで2013年「2038件」でしたが

2018年には1.4倍の「2790件」だそうです。


このように人身事故だけでも

大幅に増えているので

ながら運転の危険性を考えた場合

このくらいの厳罰化は必要に

なってしまいますね。

8A09AC78-D151-4E21-ABE6-95B95BE46BD8.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク