良い姿勢の習慣化が健康につながる

【健康増進法は習慣化が理想】



習慣化は健康増進法に限らず

どのジャンルでもそうですが

結果を出すためには必要ですよね。


スポーツだったり音楽だったり

料理や美容だったり色々と

ありますね。


もちろん仕事も繰り返すことで

自分のやることを理解して

動くことができます。


始めた日からプロフェッショナルに

なることはありませんよね。


何事も練習を積み重ねて

上達します。



私の場合は仙腸関節を整える

骨盤調整法を繰り返して

日々技術アップにつとめています。


プラス健康増進の指導というかたちで

誰でも簡単にできる健康増進の習慣化の

お手伝いをしています。



健康は一日にして成らず。

健康の道も一歩から。


今風?で言えば「健活」ですね。





例えば普段から

座っているときに足を組んでいたり

肘枕をしてテレビを見ていたり

横坐りをしていたりなど

このように片方に偏った姿勢を

無意識のうちにしている。


言ってしまえば

「これらの姿勢をしていた方が楽」

という人は骨盤が歪んでいます。


なぜなら左右対称にすると

身体が安定しないから。


骨盤を歪めていた方が

身体が安定するので

落ち着いてしまいます。


この歪みが蓄積してしまい

疲労バロメーターが上昇。


バロメーターが上昇してしまうと

身体の各地に歪みと疲労の影響が広がり

腰痛や肩こりやひざ痛などが

出てしまいます。



なので健康増進法の初歩は

姿勢に意識を向けて

気をつけることです。


少しずつでも姿勢を

気にしていれば

初期症状の体調不良を

改善することができます。


余計な負担か減りますからね。


頑張らなくてもできる

「姿勢を気をつける習慣化」で

少しずつ免疫力を高めて

自然治癒力を強化しましょう。


ACB962FB-FE28-40CD-98F6-AE4F61E500F8.jpeg

スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク