【身体と向きあう】疲れが取れない理由は・・・

【身体と向きあう】疲れが取れない理由は・・・



季節の変わり目は寒くなったり暑くなったり

気温の変動が激しいですね。


その変化が大きいせいで

体調を崩しやすいという人も

多くいます。


この季節の体調不良は

気温の変化による場合もありますが

それ以外にも原因があります。


最初に言ってしまいますが

気候の変化でおこる体調不良は

すでに身体の疲労の蓄積があって

季節の変わり目は「疲労の蓄積」を

爆発させているだけです。




「さっきまでは大丈夫だった」

「ちゃんと動けていた」

「~はできていた」


このように話をしてくれます。

しかし話を詳しく聴いていると


「身体が重くなっていた」

「最近肩こりがひどくなっていた」

「疲れが抜けないんだよ」

「寝られなくなっていた」

「手足が冷えていた」


痛みはありませんでしたが

不調は出ていました。


身体は動くので我慢している人が

多いんです。




そのときにお話するのが

「信号機」です。


この信号機が身体の不調を説明するときに

とても分かりやすいんです。


青色・・・快調‼︎ 絶好調‼︎

黄色・・・普通に動けるけど、軽い痛みや不調を感じている。

赤色・・・動きに支障が出るくらいの痛み。 


こんな感じですね。


青色は絶好調なので

気にしなくてもいいですね。


黄色は軽い痛みやだるさなどの不調なので

これ位と思って動いてしまいますが

このときに治療できれば悪化は防げます。


赤色は身体が悲鳴をあげているので

間違いなく治療しましょう。


1番悪いのは赤信号(身体の悲鳴)を

無視してしまうことです。


車で赤信号を無視し続ければ

必ず接触事故を起こしてしまいます。


ということは痛みの赤信号を

無視し続ければ・・・

ということです。



だからこそ身体の信号を

確認してみてください。


黄色信号に変わったときに

メンテナンスをしてみてください。


もちろん定期的に青信号のときに

手入れをしておけば安心ですね。




あなたの身体の声を聴いて

交通ルールを守りましょう。




0B75B3CE-A6D3-46D9-B8EC-B67F181F2606.png

スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク